月別アーカイブ: 2018年10月

富士吉田教室のこの場所で。

この場所とは・・・

この場所です。
富士吉田教室を訪れたことのある人はわかるはず。
玄関入ってすぐのスペースです。

お客様の応対をすることもあれば、生徒たちが授業や自習の合間にちょっと休憩したり、質問したり、食事したり・・・と多目的なこの場所が、

最近受験生のちょっとした癒しの場になっています。

それは、受験勉強で疲れた心を慰め、励ましてくれるBGMが流れているから。
主に高3の生徒たちが、ここで曲に聞き入ったり、口ずさんだり。
気分転換をして、また戦いの場に戻っていきます。

この曲は、甲斐ゼミ・甲斐ヨビのラジオCMでも流れている、受験生応援ソング・「進め君よ」。
先月、高校3年生には全員にCDが配布されました。
まだ聞いていない人はぜひ聞いてみてくださいね!
高3生はもちろん、他学年、他教室の皆さんも、先生方にお願いすれば流してくれますよ☆

  ♪ 悔いる一生より 悔いなき今を
   妥協しないで あきらめないで
   たった一度きりの かけがえのない人生なのだから・・・

 

(後藤)


一足先に、サクラサク。

秋です。めっきり寒くなりました。
食欲の秋、スポーツの秋、そして受験生には追い込みの秋。

ついに受験も本格化してきました。
高3はセンター試験の出願が終わり、中3は第2回教達検を見据えるこの時期。

そんな中、一足早く朗報を手にした生徒も出てきました!
今回は2名の生徒をご紹介。小中学生の今後の人生のモデルになるかも?

Case1. AO入試で夢への第一歩。

菅谷 駿介くん (都留高校3年・大月教室センタークラス在籍)
山梨大学工学部応用化学科 合格

中学の時点から漠然と抱いていた、教師になるという夢。
それは高校生活を送る中で、だんだんと形になっていった。
――高校の、化学の先生になりたい。
それに応じて志望校も固まっていく。
化学の教員免許をとれるところ、できれば国公立で――。
都留高校の中でも特に忙しいとされる部活動の一つである、バドミントン部所属。
初めは部活動に専念していたものの、本気で進路を決めた高2の後半から甲斐ゼミに入塾。
部活動と両立しつつ、勉強に取り組んできた。
受験機会は多いほうがいいという理由で挑んだAO入試だったが、自身の化学の知識と情熱をアピールできる絶好の場となり、見事合格。
夢への着実な一歩を踏み出すことができた。

夢を見つけること。それが辛い受験を乗り越える原動力になる。

 

 

Case2. 憧れの舞台へ。

小林 太一くん (昭和鉄道高校3年・大月教室TOPクラス在籍)
某都内大手鉄道会社 内定

STクラスに在籍していた中学3年時。
とりあえず近場の高校へ、という生徒も多い中、彼だけは違っていた。
講師や保護者の普通科高へのすすめも意に介さず、選んだのは鉄道高校。
運転士になりたいという明確な夢があった。
一番やりたいことをやるにはどうすればいいか、将来を考え抜いた末の決断だった。
高校があるのは都心、池袋。通学は大変だが、迷いは全くなかった。
そして高3の現在、無遅刻無欠勤を継続中。皆勤賞を視野に入れる。
高校進学に伴い一度は甲斐ゼミを離れたが、通学にも慣れた高1の7月にはTOPで再入塾。
鉄道高校には、鉄道科目のほか、5教科の授業もある。
成績が悪ければ大手鉄道会社への就職の道は閉ざされてしまう。
そこでTOPを利用し、鉄道科目とも関わりがある数学を重点的に学習してきたことが功を奏した。
第一志望の某都内大手鉄道会社に内定。
ついに夢の入り口に立つことができた。

 

 

それぞれ目指す道は違っても、夢に向かって頑張る姿は皆同じ。
その努力はまさにプライスレス。

一人ひとりに夢がある。
夢のサポートは甲斐ゼミナールで。

(某カードCM風に)

(後藤)


全国統一OO生テスト♪

OOに入る言葉は何を思い浮かべましたか?

【小学】という方が多かったのではないでしょうか?

完全に6月、11月のイベントとして定着した全国統一小学生テスト、11月3日(土・祝)に各教室で実施されます!
詳細は各教室まで。

【高校】を思い浮かべたあなたはなかなかの上級者。
甲斐ゼミグループでも参加しているのを知っている方もいるはず。
10月28日(日)、甲斐大学予備校他、各東進衛星予備校で受験できます。

そしてそして・・・
【中学】を思い浮かべたあなた!素晴らしい!
完全に時代を先取りしてますね。
そうです。
今回から甲斐ゼミでも受験できることになりました!

全国統一中学生テスト、11月4日(日)、富士吉田教室・上野原教室で実施します!

◆◆全国統一中学生テスト詳細◆◆
・11月4日(日)
・9:20~13:00
・富士吉田教室・上野原教室 にて実施
・英数国 各60分・各200点満点
・マーク式
・受験学年部門 ・中2生部門 ・中1生部門 の3部門から選択

このテストの最大の特徴は、希望すれば上の学年の問題を受けられることです!

たとえば、中1でも受験学年部門の問題を受けることができます。

腕に覚えがあるあなた、力を試したいあなた、全国統一中学生テストを受けてみよう!

お申込は各教室、またはこちらから。

 

(後藤)


決戦前夜

台風一過の秋晴れが広がった10月1日。
しかしながら台風24号は各地に爪痕を残し・・・
この郡内でも、地域によって停電が続いていたり、臨時休校になったり。
そんな混乱の中で、中学3年生が迎える決戦の日。

明日は第1回教達検。

人生には試練や困難はつきもの。
目的達成のためには平常心で臨むこと!
通常授業だけではなく、たくさんの講習もこなしてきたんだから大丈夫。
3年になってからだけでも、理社練成特訓、夏期講習、夏期合宿・・・

そして、教達検対策特別講習で直前まで頑張りました!

 

大月教室でも。

 

 

 

 

 

 

 

 

富士吉田教室でも。

集中して問題に取り組みました!

 

 

 

 

 

 

先生の話もしっかり聞きました!

今までやってきたことを信じて、実力を発揮してこよう!

だけど1つだけ。
あまり気負いすぎないでくださいね。
もちろん良い点数をとってきて欲しいけれど、もしあまりよくない結果だとしても、まだまだ挽回のチャンスはある。
だからリラックスして臨んでください。
それがきっといい結果につながるはず。

われらが信玄公だって川中島の戦いを5回もやったわけですし。
最終的に目的を達成すればいいわけよ。

いざ手に入れろ北信濃!ではなくて目指せ志望校合格!

※ただし、スーパーZクラスの皆さんはそんな甘いこといってられないので、自分を追い込みつつ、満足のいく結果を残してくださいね~

 

 

 

 

500点を期待しています。

 

(後藤)