山梨県は首都圏に含まれる

・・・って知っていますか?(表題の件です)

首都圏の定義は、関東地方1都6県+山梨県となっております(首都圏整備法)。

でも一般的なイメージとして、「東京・神奈川・埼玉・千葉あたり?」というのがあると思いますが、これは正しくは「東京圏」といいます。(総務省による東京圏の定義=東京都特別区、さいたま市、千葉市、川崎市、横浜市、相模原市及びこれらに対する通勤・通学10%圏に含まれる市町村)

実際はこの「東京圏」の意味で「首都圏」という言葉を使うことも多く、実は甲斐ゼミでもその意味で使っているんです!
今回はその首都圏にまつわるお話。

◆◆◆

首都圏受験クラス。

通称YTクラスと呼ばれるこのクラスは、全国統一小学生テストでおなじみの四谷大塚のテキスト「予習シリーズ」を使用し、カリキュラムも完全準拠。
甲斐ゼミナール全教室の中で、北口本部教室と上野原教室にのみ設置されている、首都圏の中学受験に特化したクラスです。

その膨大な授業時間は、他クラスと比べると一目瞭然。
小学STクラスは週140分。
小学Aクラスは週260分。
中学ST・Aクラスでも週330分(週2・3科の場合)。

それに比べてYTクラスはなんと週540分!さらに毎週土曜日にテストあり!

その週に学習した内容から出題される4科目のテストで、四谷大塚に通っている生徒たちと競い、結果に応じて4つのクラスに振り分けられます。そこから上のクラスを目指してさらに頑張る…というシステムになっていて、山梨にいながら東京都内と同じ土俵で戦える環境が整っています。

このクラスが上野原教室に設置されたのが2年前。当時の新小5を対象に開講しました。

そして、この春、その1期生が受験を迎え、見事第一志望合格を勝ち取りました!

(左) 和田 倖歩さん 【猿橋小】 明治大学付属中野八王子中学校合格!

(右) 佐渡友 春翔くん 【上野原西小】 桐朋中学校合格!

 

この2人に受験までの苦労やこれからの目標など、いろいろ話を聞いてみました!

◆◆◆

▼受験をしようと思ったのはいつから?またそのきっかけは?

春翔小3~小4くらいから。運動が苦手なのもあって、自分は勉強の道で生きよう!と思いました。初めは別の中学を考えていたけど、このYTクラスの友達に感化されて志望校のレベルを上げ、桐朋中学の受験を決意しました!

倖歩5年生のころは漠然とした感じで、真剣に考えたのは6年生になってからです。

▼週に4回も通うのはどうだった?

春翔友達と遊ぶ時間が無くなりました・・・

倖歩家から遠いので移動にかなり時間をとられ、大変でした。

▼毎回毎回膨大な宿題が出たけど、そのことについては?

春翔どうにか毎週こなしてました!

倖歩一人で部屋にこもってひたすら勉強していました。

▼毎週テストがあることについてはどう感じてた?

春翔長いテストでも集中力が切れにくくなったのが良かったけど・・・正直辛かったです・・・

倖歩1週間でどれくらい成績が上がったのかが毎週わかるので良かったです!

▼受験勉強のために犠牲にしたことはある?

倖歩10ヶ月から続けている水泳を中断せざるを得なくなりました。体を動かすのが好きだから辛いです・・・

春翔趣味の時間。難読漢字を調べる時間がない!

↓ そんな春翔くんの受験に際しての決意表明がこちら。上野原教室の壁に貼られています。

これは「イッキノコウ」と読みます。物事を完遂する間際の最後のひと踏ん張りのこと。また、そのために積み重ねた努力の大切さを言います。さすが難読漢字調べが趣味というだけあって、いい言葉を知っていますね!

▼今後の人生プランを教えて!

春翔大学は東大に入りたい!そこで水産関係を学び、ダイビング免許を取って水族館に就職!という予定です。

倖歩今のところそのまま明治大学に行って、中学校の社会の先生になりたいです。

▼受験を終えた今、やりたいことはある?

春翔趣味の時間をたくさん取りたい!

倖歩友達と遊んだり、出掛けたりしたい!

▼その他言いたいことがあれば…

春翔一真くん(YTクラスの生徒・中学受験はしなかったが、高校は都内難関校を検討)と難読漢字を出し合っている時が一番楽しかった!3年後、同じ学校に絶対来てね!待ってるよ!

▼ではその一真くんから一言!

一真合格おめでとうございます。これからもメキメキ力をつけていってください!ファイト!3年後にまた会おう!

↑ 3人一緒に。みんなで2年間頑張ってきました。

◆◆◆

クラス皆がよきライバルとして競い合い、力をつけた結果、見事に合格を勝ち取りました。

洋の東西や時代を問わず、主人公を強くするのはいつだってライバルの存在。
皆さんもいい意味で競い合える仲間をたくさん作ってくださいね。

3人の今後の活躍と健闘を祈るとともに、塾生の皆さんがこの波に乗ってくれることを期待します!

国公立大学前期入試まであと10日。山梨県公立高校後期入試まであと18日。
高校生・中学生も、小学生に続け!

 

(後藤)

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です